北海道自動車学校とは

ABOUT

実績の積み重ねが信頼となり、大きな安心につながります。

公安委員会指定第1号の指定自動車教習所

昭和28年には北海道初の公安委員会指定を受け、以来、安全運転と交通モラルを守るドライバーの育成に努力しております。また、公安委員会の委託講習である「初心運転者講習」や「高齢者講習」を実施する他、「安全運転講習会」を毎年開催し、地域交通安全教育の啓発活動に努力しております。

指定自動車教習所とは
一般に「自動車学校」と呼ばれておりますが、教習指導員の資格、教習施設等の厳しい基準に適合し、公安委員会から指定を受けた自動車教習所が「指定自動車教習所」となります。この教習所を卒業されますと、公安委員会での「技能試験」が免除され、適性試験(視力検査等)を受けた後、学科試験に合格すれば、運転免許を取得することができます。

学校概要

所在地
札幌市豊平区中の島2条6丁目
設立
大正13年8月
指導員数
32名 (平成30年3月現在)
教習車両
準中型、普通自動車(MT)、普通自動車(AT)、大型二輪(MT)、大型二輪(AT)、普通二輪(MT)、普通二輪(AT)、小型二輪(MT)、小型二輪(AT)、大型特殊
教習内容
準中型免許、普通免許、普通免許(AT限定)、大型二輪免許、普通二輪免許、普通二輪免許(小型二輪限定)、大型特殊免許
各種講習
・高齢者講習・初心運転者講習・ペーパードライバー講習・企業安全運転講習

北海道自動車学校は、「学校法人北海道科学大学」の設置校です。

北海道自動車学校の開校は、大正13年8月。当時コースが中の島にあったことから、『中の島自動車学校』の愛称で親しまれてきました。北海道科学大学、北海道科学大学短期大学部、北海道科学大学高等学校と同様、「学校法人北海道科学大学」の設置校であり、これまでに41万人を超える卒業生を輩出し、現在に至っています。

ひよこさん(仮)

現在在籍中の職員ですら、いつからいるのかも分からない、また、名前も知らない謎のひよこさん。昭和生まれで、長い間、北海道自動車学校の看板を務めてくれています。(推定40年程度)かわいくない所がかわいいと、一部で評判です。(実は、昔と比べて目が大きくなったり、ほうれい線が取れたり、頬がふっくらしたり、すこしばかり若返っているのはヒミツ)このままお名前がないのはかわいそうなので、お名前募集企画を行うかもしれません!
その時は皆さんご協力くださいね!

ひよこさん(仮)

ページ上部へ
> 北海道自動車学校とは